外科・消化器外科・肛門外科


主に外来で外傷、皮膚腫瘍、皮下腫瘍、入院で鼠径ヘルニアの手術を行っています。安心、安全な医療を目指して治療を遂行いたします。

担当医師 / 大石 典彦(理事長)

1957年 九州大学医学部卒業
九州大学大学院外科系専攻
1965年  学位授与 医学博士
1974年 外科胃腸科を開設
1988年 大石病院を開設

担当医師 / 大石 明彦(院長)

資格及び所属
日本外科学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本医師会認定産業医、H pylori(ピロリ菌)感染症認定医、医学博士

日本外科学会、日本消化器内視鏡学会、日本超音波医学会、日本移植学会、日本がん治療学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本内科学会、日本甲状腺外科学会、日本大腸肛門病学会、日本臨床内科医会、日本ヘリコバクター学会、日本臨床肛門病学会

外来ではプライマリケア、健診、内視鏡検査、内視鏡的大腸ポリープ切除などを行っています。様々な疾患を持つ患者さまに対応できるよう総合力を発揮して、地域医療に貢献できるように努力いたします。今後ともよろしくお願い申し上げます。


医師 時間
大石典彦 9時〜13時
15時〜18時 病棟
大石明彦 9時〜13時
15時〜18時