地域包括ケア病床開設のお知らせ

 当院では、地域包括ケア病床の運用を開始いたします。病気療養中の患者様がご自宅での生活に戻れるよう、これまで以上にサポート体制を整えお力添えさせていただきます。

 

■ 地域包括ケア病床とは

 急性期治療を終えた後、リハビリなどの治療と並行しながらご自宅での生活に戻るために準備を行う病床です。また、ご自宅で療養中や施設入所中に、体調が悪化し入院が必要となった場合にも対応いたします。

 

■ ご利用いただける方

・急性期治療後も、まだ自宅での生活が不安なため、経過観察やリハビリを希望される方

・当院、またはかかりつけ医の判断で入院治療やリハビリが必要な方

・ご家族様の都合により、一時的に在宅療養が難しくなった方(レスパイト入院)

※ 入院には、当院外来を受診いただくか、かかりつけ医または入院中の主治医からの診療情報提供書が必要です。

※ 病状等により入院の適応を医師が判断いたします。

※ 入院中、病状の変化に伴い一般病床への変更が生じる可能性があります。

 

入院期間・入院費について

 入院期間は、状態により医師が判断します。最長で60日間となります。  

 一日あたりの入院費は、原則として定額です。リハビリテーション、投薬、注射、処置、検査、画像診断などの費用が包括的に含まれています。