糖尿病教室の様子(2018/03/12)

3月12日(月)13:30~ 当院のリハビリ室にて糖尿病教室を開催しました。

今回は、堀病院 副院長・眼科の小林 賢 先生に糖尿病と眼についてお話ししていただきました。

 

糖尿病の合併症のひとつに、網膜症があります。名前はよ~く聞きますが、網膜にはどんな役割があるかご存知ですか?

網膜は、見た映像を受け止める場所であり私たちの目をカメラに例えると、フィルムの役割をしています。

 

網膜症が進んでいくと、フィルムがボロボロになっていくのと同じで、 「最近視力が落ちてきたな」と感じメガネを調節しても見え方は変わりません。それは、メガネはレンズの機能を助けているものであって、フィルムを交換することにはならないからです。

 

記事の続きはこちらへ